カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

カウチの裸婦

2009-02-12
Category Category Category Category Category Category

カイユボット展に行ってきました(4)|《カイユボットのプライベート》

room4.jpg

《カイユボットのプライベート》
室内、窓辺の女性

この展覧会で一番心に残った作品は、このコーナーにあった「室内、窓辺の女性」でした。
前々から思ってはいたのですが、右の男性の頭の位置が疑問符なのですが、それはおいておいて^^;

この作品は116×89cmと大きめの作品です。
この絵の前に立つと、女性の背中からお尻がまず眼に入ってきます。その色は紫味がかった深い青色で、逆光によってほんの少しずつ微妙に色を変えています。
その色の美しいこと!私はカイユボットのこの紫味がかった青色というのが大好きなのです。

そして少し目を広範囲にやるとこの女性が外を眺め我々鑑賞者に背を向けていることが分かります。女性の表情は見えません。
私は批評家でも何でもないので、この絵について「夫婦のすれ違った関係を表している」だとか「ブルジョワジーの都会の退屈な日常の一コマだ」とか断定することは出来ませんが、
この背中の深い青色をみていると何か彼女の気持ちを感じる気さえします。


読書するウジェーヌ=ドーフレヌ


「読書するウジェーヌ=ドーフレヌ」もよかったです。
今までこの絵は普通に友人を描いた肖像画だという認識しかありませんでしたが
その大きさから、調度品の豪華さから、仕上げの丁寧さから、その色から
ドーフレヌ氏の威厳的なものを感じました。

カイユボットの肖像画は少し師匠のレオン=ボナに通じるところがありますね。


昼食


楽しみにしていた昼食もやはり色が違いました!
そして今まで図版で見ていると、どうしてもその中心である三人の人物に目がいってしまっていて気がつかなかったのですが、実際にこの絵を見ると、一番手前の空のお皿があることにより気がつきます。

これは私の(カイユボットの)席であり目線です。鑑賞者が画家の目線を共感できシンクロできる瞬間。
いいですねぇ(* ´З`*)



ピアノレッスン

ピアノレッスンはマルモッタン展の中の一枚として日本に来たことがあります。


このコーナーに展示されたカイユボット作品

麦わら帽子をかぶった自画像


イーゼルの前の自画像


自画像


マルシャル=カイユボット夫人の肖像


読書するウジェーヌ=ドーフレヌ


ジュール=フロワィエの肖像


アンリ=コルディエの肖像


マダム・ルノワールの肖像


昼食


室内、読む女性(室内)


室内、窓辺の女性


ピアノレッスン



—————————–
(1)チケット
(2)ジャックマール=アンドレ美術館について
(3)《遠近法で描かれたパリ》
(4)《カイユボットのプライベート》
(5)《庭での楽しみ》
(6)《近代風景》
(7)《水路》
(8)戦利品と今後の巡回先
—————————–

Comment

No comments yet.

Leave a comment


© Caillebotte.net All rights reserved