カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

Category Category Category Category Category Category

1876年の遺言

カイユボットは1876年に遺言を書いています。
それからさらに1883年と1889年に追記をしています。

以下は、最初の遺言を訳したものです。

(ただ、、、全体的にちょっと自信がないんだけど・・・)


         *     *

私は、1878年に非妥協派もしくは印象派として知られる画家達の展覧会が最高の状態で開かれるために必要な金額が私の財産から使われることを望む。
現在のところその金額を算出するのは難しいが、それは3〜4万フランかそれ以上になるだろう。
この展覧会に加わる画家は、ドガ、モネ、ピサロ、ルノアール、セザンヌ、シスレー、モリゾだ。
私は彼らの名をあげるが、他の人を除外するというわけではない。

私は、国に私の所有する絵を寄付する。
私が望むことはこの遺贈が受け入れられることだ。 屋根裏部屋でも、地方の美術館でもなくリュクサンブール へ、後にルーヴルへ受け入れられることを望む。
この遺言が履行されるのには、市民に受け入れられるまで、どのくらいとはわからないがかなりの時間がかかるだろう。
それは20年か、それ以上かかるかもしれない。それまでは私の弟マルシャルか、彼が達成できなかったときは私の相続人がそれらを管理するものとする。
ルノワールに私の遺言執行人を依頼する。また彼が選ぶ絵を彼にあげるてほしい。ルノワールは重要な執行人となるだろう。

1876年11月3日パリにて複写


         *     *

【書籍2】に原文(フランス語)と英文の全文がでているので読んでみたい方はそちらをご覧下さいナ。

|2008-06-07|遺書個別ページ

Comment

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ


© Caillebotte.net All rights reserved