カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

Category Category Category Category Category Category

KIRIN〜美の巨人たち〜 にて

美の巨人たちで「床を削る人々(床の鉋かけ)」の放送があったらしいのですよー。
私は全く知りませんでがっかりです。
今のところ再放送の予定はないみたい。しょぼりんこ。

繊維業で財を成したブルジョアジーの家に生まれたカイユボットは、法律家になってほしいという父親の思いとは裏腹に画家を志します。
そして、第一回印象派展を見て、ドガに強い憧れを抱きます。
展覧会から一目散に帰って描いたのが今日の一枚、「床を削る人々」だといいます。

部屋で床を削る名もなき3人の労働者、それは画家の一番身近にあったパリの現実でした。
カイユボットはこの作品をサロンに出品、しかし落選してしまいます。
主題が卑しいからという理由でした。

ちょうどその頃から、カイユボットの不思議な行動が始まりました。
彼は創作活動の傍ら、他の印象派の画家たちの絵を片っ端から買っていきました。
それは、一体何故なのか?そこには、カイユボットの壮大な目的があった・・・。
(KIRIN〜美の巨人たち〜 より抜粋)

うっは〜ん。気になる。



ここからは私の推測ですが、

カイユボット父親にはかなり言いしれぬ思いがあったような気がします。
母親の絵は何枚か描いていますが、父親をモデルとした絵は一枚も描いていません。
もっとも母親を描いた絵も父親の没後ですから、母を描くことですら、父親に遠慮していたのかも。

カイユボットは父の希望に従って法律の勉強をしていましたが、同時に美術の学校にも通っていました。
その美術学校も印象派とは真逆の感じのエコール=デ=ボザールという官営の学校だったのですが
それですら父の影響があったのではないかと思っています。

でも、やはりカイユボットにとっては何か、違ったのでしょうね。
ほとんど学校には通っていませんでした。



第一回印象派展が開催されたのは、奇しくも父親が亡くなったのと同じ年でした。
絶対的抑圧の存在から解放されて、カイユボットはようやく自分の我こそはと思う道に進み始めたのかもしれませんね。




|2008-01-28|メディア個別ページ

Comment

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ


© Caillebotte.net All rights reserved