カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

Category Category Category Category Category Category

5000万円お持ちですか?!

クリスティーズでカイユボットの「牡蠣の静物画」が売りに出される予定だそうですよ!
(情報を頂きました。心よりありがとうございます。)
牡蠣の静物画はこちらから >>

思っていたよりも、色が青いのですね。

いつまでもページは残っていないと思うので
あわてて訳してみました〜。間違いなどございましたらご指摘下さいmm
(絶対あります。)
こないだダグラス=W=ドルイックの書いた本買ったけど・・・こんなに難しいんだ・・・
一生掛かっても読めないよ。

どなたか、ご購入されたら是非私に見せてくださいね(^o< ) -★
願わくば、どこか日本の美術館が入手しますように。

0906151.jpg

【販売情報】
セールNo,7735
印象派/モダンアートイブニングセール
2009/6/23開催
ロンドン、キングストリートにて

落札予想価格:£250,000 - £350,000 (4000万円〜5600万円)

【作品説明】
ギュスターヴ=カイユボット(1848-1894)
「牡蠣の静物画」左上にサイン「G. Caillebotte」
キャンバスに油彩、38 x 55 cm、1881年

【コンディション】
レポートを読む(ログインが必要)

【ご注意】
落札価格の5%の付加価値税、15%の手数料がかかります。

【入手経路】
スイス個人のコレクター所有

【由来】
パリ、マルシャル=カイユボット
パリ、アンブロワーズ=ヴォラール(1900年頃)
ロンドン、サザビー(1981/4/2 lot310)
上記オークションにて現在の所有者に渡る

〜中略(文献と展覧会)〜

【作品について】
カイユボットは1881年に「牡蠣の静物画」を描いた。その頃彼は静物画を描くことにはまっていた。
作品は弟マルシャルのコレクションとなり、1894年の回顧展で展示され、その後有名な美術収集家のアンブロワーズ=ヴォラールの手に渡った。
小さなテーブルにワインボトル、折り重ねられたナプキン、レモン、乱獲のため高価になった牡蠣が並べられている。
テーブルは椅子の反対側の方向上方、おそらくウェイターの目線で描かれている。
一方画家のサインは椅子にされており、このことはカイユボットがこの椅子に座る、ということを意味しているのかもしれない。
この作品について、ダグラス=W=ドルイック氏はこのあいまいな表現はカイユボットの印象派株式会社の財政の範囲内での芸術家としての一面とお金持ちの美術収集家としての二元性をほのめかし、さらに近代風俗画に対してこの上なく独創的なものを今までと違う形で具象化した、と分析している。

印象派の画家のうち、セザンヌだけは静物画を探求していた。
ドルイックはそのことはカイユボットに重要な影響を与え、それゆえにカイユボットが1870年代後半から1880年代前半にかけて時折描いた静物画は彼の作品の中に挑発的な構図を生じさせたと述べている。
カイユボットは生涯テーマを探求し続けた。特に静物画には2つの時期があり最初の時期は「牡蠣の静物画」を描いた1881-82年で、もうひとつが1890年代初期の花を多く描いた頃だ。
都会の急変を感じさせたプティジャンヌヴィリエに移る前の静物画は、テーブルの『間違った』側から食事を見ていることに示されるように革新的なものだった。
これらの作品は写真撮影による実験と観察にある程度基づき、そのスナップショットの結果やパリの日常生活の描写として(この場合おそらくビヤホールのスナップショットであろう)表されていた。
牡蠣の静物画にみられる主題と構図の組合せは、同じように食べ物と消費者をえがいた1879年の代表作「昼食」に類似した技術を用いており、生命感があふれている。
そのリアリズムと現実性はオランダの巨匠達の牡蠣を描いたあまりに落ち着いた静物画やマネが数年前に描いた官能的で魅惑的な「牡蠣とシャンパン」とは少し異なって見える。
カイユボットは主題に前例にない特有のビジョンを持っていた。それは非常に近代的な感覚だった。
パリを闊歩する人たちの目線はシャルル=ボードレール(フランス近代詩の父)に名高い。
それは現代のパリの日常生活の衝撃的なポートレイトだけではなく、芸術家の人生のポートレイトでもある。
パイプや新聞トランプなどといった画家の身近なものを使用した静物画の新しい息吹はブラック、ピカソ、およびマチスによって引き継がれた。
20世紀前半の前衛主義者にとってそういった日用品を用いての実験は重要であった。



CAN YOU PAY $500,000?!

Christie’s will offer a work of Caillebotte ‘Still Life with Oysters’.
(Special thanks for informing me)

Still Life with Oysters >>

The colors are bluer than I imagine.

Please show me if you get it!
I wish a Japanese art museum obtains it.



【Sale Information】
Sale 7735
Impressionist/Modern Art Evening Sale
23 June 2009
London, King Street

【Estimate】 (Set Currency)
£250,000 - £350,000 ($409,000 - $572,600)

【Lot Description】
Gustave Caillebotte (1848-1894)
Nature morte aux huîtres
signed ‘G. Caillebotte’ (upper left)
oil on canvas
15 x 21 5/8 in. (38 x 55 cm.)
Painted in 1881

【Lot Condition Report】
You need log-in

【Special Notice】
VAT rate of 5% is payable on hammer price and at 15% on the buyer’s premium

【Pre-Lot Text】
PROPERTY FROM A PRIVATE SWISS COLLECTION

【Provenance】
Martial Caillebotte, Paris.
Ambroise Vollard, Paris, circa 1900.
Anonymous sale, Sotheby’s, London, 2 April 1981, lot 310.
Acquired at the above sale by the present owner.

【Literature】
F. Fénéon, ‘Les impressionnistes en 1886′, in Oeuvres, Paris, 1948, no. 2, p. 88.
M. Bérhaut, Gustave Caillebotte, catalogue des peintures et pastels, Paris, 1951, no. 166.
M. Bérhaut, Caillebotte, sa vie et son oeuvre, catalogue raisonné des peintures et pastels, Paris, 1978, no. 180, p. 55 (illustrated p. 142).
M.J. de Balanda, Gustave Caillebotte, Lausanne, 1988, p. 110 (illustrated p. 111).
M. Bérhaut, Gustave Caillebotte, catalogue raisonné des peintures et pastels, Paris, 1994, no. 195 (illustrated p. 148).
N. Broude (ed.), Gustave Caillebotte and the Fashioning of Identity in Impressionist Paris, New Brunswick, New Jersey and London, 2002, p. 207 (illustrated fig. 70, dated ‘ca. 1880-1882′).
Exhibited
Paris, Galeries Durand-Ruel, Exposition rétrospective d’oeuvres de Gustave Caillebotte, June 1894, no. 68.
Paris, Galerie Charpentier, Le pain et le vin, 1954, no. 25.
Paris, Galeries nationales du Grand Palais, Gustave Caillebotte, Urban Impressionist, September 1994 - January 1995, no. 91 (illustrated p. 240, dated ‘1880-1882′); this exhibition later travelled to Chicago, The Art Institute, February - May 1995 and Los Angeles, County Museum of Art, June - September 1995.
Lausanne, Fondation de l’Hermitage, Caillebotte, au coeur de l’impressionnisme, June - October 2005, no. 52 (illustrated pp. 102 and 111, dated ‘1880-1882′).

【Lot Notes】
Gustave Caillebotte painted Nature morte aux huîtres in 1881, during a period when he focussed intensely on the still life as a subject. The picture entered the collection of Caillebotte’s brother Martial and was exhibited in the artist’s posthumous retrospective in 1894 before being acquired by the legendary dealer Ambroise Vollard. The work shows a single place setting at a small table, with a bottle of wine, a folded napkin, lemons and oysters, which had become an expensive delicacy due to overfishing, already served. The table is viewed from the other side, from a raised perspective, with the viewer placed in the position of some passer-by, perhaps even the waiter. Meanwhile, the artist’s signature is placed by the chair, implying that the seat may subsequently be occupied by Caillebotte himself. In his analysis of this painting, Douglas W. Druick suggested that this ambiguity, ‘can be seen as alluding to [Caillebotte’s] dualism as artist-worker and bourgeois collector within the economy of the Impressionist enterprise. Once again he embodied the oppositional dynamic that is at the heart of his most original contributions to the painting of modern life’ (D.W. Druick, ‘Caillebotte’s Still Lifes’ in Gustave Caillebotte and the Fashioning of Identity in Impressionist Paris, New Brunswick, 2002, pp. 205-07).

Of the various artists associated with Impressionism, only Paul Cézanne made the still life a major part of his pictorial explorations of reality. Nevertheless, it provided Caillebotte with a crucial forum for pictorial experimentation, hence Druick’s statement that, ‘Caillebotte’s occasional engagements with the subject of still life in the late 1870s and early 1880s produced some of the most provocatively original compositions within his oeuvre’ (ibid, p. 197). Caillebotte explored the theme on several occasions throughout his career, especially in two significant still life campaigns: the first in 1881-82 when Nature morte aux huîtres was painted, the second in his flower pictures of the early 1890s. The still life, which before moving to moving to Petit Gennevilliers he often infused with an urban twist, allowed him to explore innovative compositions, as is demonstrated in this view of a place setting from the ‘wrong’ side of the table. These compositions were in part based on his experiments with and observations of photography, resulting in their appearing as snap-shots, vignettes of everyday life in Paris, in this case perhaps in a brasserie; the artist’s combination of subject matter and composition in Nature morte aux huîtres, lends it a vivid immediacy, using techniques similar to his celebrated 1879 picture, Le déjeuner, which also treated the subject of food and the consumer. Its realism and honesty appear to place it at a distance from the overly-composed still life paintings of oysters of the Dutch Old Masters or even from Manet’s sensual and glamorous Huîtres et champagne painted only a few years earlier, revealing Caillebotte bringing his own unique vision to the subject, discarding all precedents and achieving a singularly modern vision, a glimpse of life from the point of view of the Parisian flâneur so celebrated by Charles Baudelaire.
It is not only a striking portrait of everyday life of modern Paris, but a portrait of the artist’s life as well. The new personalisation of still life, using props from the artist’s domestic environment (pipes, newspapers and playing cards) was later championed by Braque, Picasso and Matisse, whose use of such everyday objects was crucial to the experiments of the early 20th Century avant-gardes.

(quoted from Christie’s)




Comment

たまたまこちらのサイト発見しました。

カイユボットの情報量が圧倒的ですね。
でもデザインが素晴らしく、非常に見やすいです。

年表・作品画像・カイユボットコレクションなど
どれも役立つものばかりです。

また見に来ます!


Tas 2009/06/18 00:27

Tasさま。
こんばんは。コメントありがとうございます。

まだまだ直さなくてはいけないことなどたくさんあるのですが
(例えばこのコメント欄が左に寄りすぎていることとかね・・・)
是非またいらしてくださいね〜。

なにかお知りになりたいこととかあったら教えてください。
またなにかGoodな情報をお持ちでしたらお待ちしています^_^


admin 2009/06/20 00:36

コメントをどうぞ


© Caillebotte.net All rights reserved