カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

Category Category Category Category Category Category

これはカイユボットの日本における《再々発見元年》と位置付けていいと思う!(ブリヂストン美術館「ピアノを弾く若い男」)

bridgestone.jpg

この度、ブリヂストン美術館さんにご丁寧にメールをいただきまして、
「あなたに見せたい絵があります。−ブリヂストン美術館開館60周年記念−」
の内覧会にお邪魔して参りました。

私の目的はもちろんコレ、


ブリヂストン美術館が新しく所蔵した「ピアノを弾く若い男」です!
日本の美術館では初めて※カイユボットの「前期」の作品を「常設」したのですから
Caillebotte.netとしては喜び勇んでお伺いするしかありません。

※初期でない作品では東京富士美術館の「トゥルーヴィルのヴィラ」があります。
あと、古い情報ですがAska International Ltd.,が2作品持っているとかいないとか?(未確認)




一応、カイユボットについておさらいしますと
————————————-
・印象派の画家たちを経済的、精神的に支えた
・印象派展の開催に尽力した
・死後にコレクションしていた印象派の作品を国に遺贈し、現在のオルセー美術館の重要な核となった
・自身も印象派展に出展するなど画家としても活動していた。
・代表作は《床の鉋かけ》《ヨーロッパ橋》《パリの通り、雨》など

・経済的に恵まれていたため絵を売る必要が無く、また早くに無くなったため、その存在はあまりメジャーではない。
————————————-


この作品は1876年にカイユボットが初めて参加した第二回印象派にも展示されたもので、
音楽家でもあったカイユボットの一番下の弟マルシャルがモデルをつとめています。

この「ピアノを弾く若い男」は、「印象派」と私たちが聞いて頭にまず浮かぶような
大胆な筆致で描かれたものとはことなり
むしろアカデミックな作品のように丁寧な筆致で描かれています。
ですから「印象派??」と思われるかもしれませんが近代生活の都市風景を描いた様子やカーテンから差し込む柔らかな光の様子を捉えているところはやはり印象派の作品だと言ってしかるべきでしょう。


81×116cmという少し大き目の作品で細部までしっかり見ることができます。
私的に是非見て欲しいところを挙げますので参考にしてください(●ゝω・)

もちろん、以下に関わらず好きに感じていただければOK。
Don’t think but feel ですよ!

————————————-
《光の様子》
カーテンから差し込む光の行方を是非追ってください。
左手の大きな窓からレースのカーテンを通って差し込む光。
左下の床は明るく照らし、ピアノの下の床は暗くなっています。

《ピアノへの映り込み》
またその光がピアノにマルシャルのピアノを弾く指や鍵盤、壁のモールや模様を映し込ませています。
この映り込みは画集などではあまり感じなかったのですが、
実際に見てみると実にキリッとしていて、この作品によいアクセントと緊張感を与えていると思います。

《ピアノ》
このピアノはかつてフランスを代表した、エラールのピアノだそうです。
今一般によくみるグランドピアノとは違ってピアノの先のところが丸くありません。
(エラールのピアノが全部が全部丸くない訳ではないと思いますが)
もしもここが丸かったら、この作品から受ける印象はもう少し違うものになっていたかもしれませんね。

またこのピアノは発表当時「デッサンがおかしいのでは?」と言われたそうです。
確かにこの作品の前に立つと、全体的に短縮方気味なのか
なにかしらの違和感を感じます。
特に、真正面からではなくて、ぐっと斜めから見るとすごく不思議な感じがしました。

79_1_car.jpg
▲右から左からお試しください。

これこそ実際に作品を見てみないと分かりません。
是非お試しあれ!

《マルシャルとピアノ》
マルシャルの目線。画集に載っている画像ではさっぱり分かりませんでしたが
このマルシャルは確実に譜面を見ています。
そしてピアノを弾いています。
それを感じると、この作品がぐっと身近に感じられることでしょう。

譜面にも音符がきちんと見えました。
私は音楽に疎いのであれですが、お詳しい方、よく見てみてください♪
(そして私にどんな感じの曲なのか教えてくださいmm)

《壁や絨毯の模様》
当時お金持ちだったカイユボット家の裕福そうな壁紙や絨毯の模様がしっかりと描き込まれているところ。
レースのカーテンの模様まで描かれていますので、こちらにも注目です。

《材質の違い》
レースのカーテン、椅子のベロア・レースの柔らかな材質とピアノの堅い材質の対比がおもしろいです。
また隣のビルディングがカーテンから透けて見える様子も見てください。

《構図》
こんな室内の作品でもカイユボットの好きな「遠近法の構図」が感じられます。
縦の線として窓、カーテン、壁のモール、壁の絵、ピアノの脚など
斜めの線として、窓、バルコニー、床、ピアノ

《サイン》
作品の右下にサインがあります。
絨毯の模様にまぎれてわかりづらいですが、これもよく見て探してください!
————————————-


嗚呼!こうして書いているだけでテンションが上がってくる私です!

実はこのサイトは「カイユボットをパトロンとしてだけではなく一人の画家として評価していこう」というコンセプトに基づいているのですが、
カイユボットの作品が日本に常設されたということは
今後これを見た方に、「画家」として知ってもらう/評価してもらう
よいきっかけになるだろうと期待しています。

つまり、今年は日本におけるカイユボット「再々発見元年」といっていいと思います!

今後が楽しみになってきました^o^

※再発見は1970年代です。



最後にブリヂストン美術館さんの宣伝を

anatani.jpgあなたに見せたい絵があります。-ブリヂストン美術館開館60周年記念
2012年3月31日(土)〜2012年6月24日(日)

学芸員の方たちの、純粋に「これら絵を見てもらいたい!」という珠玉の109作品が展示されています。
ここはカイユボットブログと言うことでその他の作品については触れませんが
その他の作品も見応えのある作品でした。

約三ヶ月という長い会期に加え、休館日は4/15(日) 4/23(月) 5/28(月)のたったの三日間!
この展覧会にかける思いが伝わりますね。

東京駅からもすごく近いので、旅行の空いた時間に行くことだってできますよ!


また、今回の展覧会の図録にも約8ページにわたって
「ピアノを弾く若い男」の解説文が載っています。
カイユボット単体の解説文は日本では数少ないですから、これも是非とも読んでください!

ピアノを弾く若い男」サイト解説文



あー、とにかくこの記事を読んだ人はみんな行って!!!

3/31公開:ブリヂストン美術館がカイユボットの「ピアノを弾く若い男」を所蔵

Bonjour tout le monde!
なんか色々なことが途中かけでこんなにもあいてしまっております。
そうこうしているうちに、重大なニュースをちょうだいいたしました!

自らのアンテナの感度が低くて申し訳ないです。
情報本当にありがとうございます!!

この度、ブリヂストン美術館がカイユボットの「ピアノを弾く若い男」を所蔵したそうですよ!!

————————————
3月31日から6月24日まで開催する特別展「あなたに見せたい絵があります。-ブリヂストン美術館開館60周年記念」で、ブリヂストン美術館が新たに収蔵した作品2点を公開します。
1点目はギュスターヴ・カイユボットの《ピアノを弾く若い男》です。



▲ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年、油彩・カンヴァス

印象派の画家ギュスターヴ・カイユボットは、ルノワールやモネら仲間たちを経済的に支え、印象派展等の開催でも意見調整や経済支援などを行い、さらには後世に印象派の重要な作品を残す努力をした人物としてその名を知られています。しかし、近年では画家としての活動に関心が集まり、作品の再評価が急速に進んでいます。ブリヂストン美術館は、このたびこの作家の作品を初めて収蔵しました。
美術館ブログ
特別展の案内
————————————

日本には他にカイユボットの作品を所有しているところもあるのですが、
これは彼の初期の作品でもあり、
カイユボットが初めて参加した第二回印象派展にも出された作品でもあります。
以前はパリの個人蔵だったそうです。


マルシャル\\\モデルとなっているのは、先日パリとカナダで開催された「カイユボット兄弟のプライベートな世界」でも大きく取り上げられた音楽家、写真家の弟、マルシャルです。
この作品はマルシャルをモデルにして描いた中では最初の作品だと言われています。
ギュスターヴと4つ違いで大変仲が良く
マルシャルが結婚するまで一緒のアパートに暮らしていたりもしました。


このピアノはかつてフランスを代表した、エラールのピアノ。
彼の作曲した曲は娘によれば「ワーグナー風」だったそうですよ。


室内に置かれたピアノ、細かい模様が施されている壁紙、壁に掛かった絵、重厚そうなカーペット、大きな窓、そして薄手のレースのカーテンを通して差し込む光。
この絵はピアノを弾く若い男を描いているにとどまらず
当時のパリの中流(お金持ち)階級の様子を描いています。
カイユボットお得意のパリ近代生活の様子、というやつですね。

1876年の印象派展でこの作品が発表された時、
何人かの批評家はこの上方からの視点でみた道具のアンバランスな見え方に困惑したようですが、
窓、カーテン、壁のモールディング、イスとピアノの脚、からなる縦の線と
床とピアノからなる対角線でカイユボットらしい遠近法的な構図になっているのではないでしょうか。

春になるのが待ちきれませんね!

ピアノを弾く若い男
ピアノを弾く若い男のためのデッサン1
ピアノを弾く若い男のためのデッサン2
ピアノを弾く若い男のためのデッサン3

「光を描く印象派展−美術館が解いた謎−」に行ってきました

「光を描く印象派展−美術館が解いた謎−」に行ってきました。

「光を描く印象派展−美術館が解いた謎−」青森県立美術館


展覧会終了超間際に青森でこの展覧会がやっていることを知りまして
日帰り突貫で行ってきました!!!
(交通費だけで5万飛んだ・・・)

この展覧会はよくある展覧会とは異なり、ケルンのヴァルラフ・リヒャルツ美術館/コルブー財団が顕微鏡や赤外線、X線などを使用して印象派の描いた作品を調査した結果を発表するというものでした。

展覧会終了前日夜に取り寄せていた図録と解説書が届きまして、
それを読んだらあまりの興味深さに居ても立ってもいられず!

全ての作品の調査がおもしろかったのですが、カイユボットに限っていうと
彼の描いた作品にポプラの芽や、外で絵を描いた時の器具の跡などがついていることが分かったというのです。

それはまさにカイユボットが戸外で作品を描いたという証拠でもありました。

——————–
画面を調べると、左下に小さな粒が見つかりました。顕微鏡で覗いてみると植物の芽のようです。画面にはポプラの木が描かれている。もしかすると・・・その通り、ポプラの芽であることがわかりました。この作品が強い風の日、実際にポプラ並木の下で描かれたことを示す証拠です。画面の洗濯物をはためかせている風がキャンバスの 上にポプラの芽を飛ばしたのでしょう。
でも作品はたて1m、よこ1.5mを超える大きさです。強い風の中で描くのは大変ではなかったでしょうか?

光をキャンバスにとらえるためには、たとえ強風に邪魔されても戸外で制作する。小さなポプラの芽は印象派の画家たちの信念のあかしでもあります。

(「印象派展−美術館が解いた謎−」サイトより引用)

———————

そうした数々の「証拠」によって
カイユボットのみならず多くの画家がその時代に息をして、
まさに絵を描いていたのだということを身近に感じることが出来て本当に良かった。

カイユボットの展示作品は全部で8点。
これから9エントリくらいに渡って、図録などの要約と感想、
そしてこの展覧会の基礎となる、公式の調査報告サイトの翻訳をお伝えしたいと思います。

公式の調査報告サイトはこちらから »

この展覧会に行かれた、図録や解説書を買ったという方でも、
上記調査報告サイトにはさらに詳しい調査報告が書かれているので必見ですよ★

(あと、「行ってきましたシリーズ」もまだ続きます。)




当時の人が驚いた色彩感覚で描かれた
「コロンブの丘」
  作品概要はこちら


チューブ入り絵の具の登場によって描くことができた鮮やかな色彩
「ジェンヌヴィリエの平野、黄色い野原」
  作品概要はこちら


パリの画材店で買ったキャンバスに描かれた
「アルジャントゥイユのレガッタ」作品概要はこちら


戸外から運んだ装置の跡がついている作品
「トゥルーヴィルの庭」作品概要はこちら


ポプラの芽が画面に付着した
「セーヌ河畔の洗濯物」作品概要はこちら


イーゼル部分の塗り残しのある
「セーヌ川の支流、秋の気配」作品概要はこちら


日中に描かれたセーヌ川岸とボート。戸外から運ばれた跡のある
「セーヌ川岸」作品概要はこちら


朝か午後に描かれたセーヌ川岸とボート。実は下書きを失敗している
「セーヌ川岸の船と小屋」作品概要はこちら

ナショナルミュージアムの特設サイトができたみたい

来月6日からカナダ・ケベック州のナショナルミュージアムでカイユボット展が開催されるのですが、
そちらの方でも特設サイトが出来たみたいですよ!

site.jpg
http://www.mnba.qc.ca/ftp/caillebotte/

まだ中身はあまりないみたいです。
そして例によってフランス語オンリーです。

ただこのサイトの特筆すべき点はメイン画像の「GUSTAVE < ●> MARTIAL」と書いてある所の真ん中のスライダーを左右に動かすと、
カイユボット(ギュスターヴ)の描いた作品と、マルシャルの撮った写真が上手に比較できるようになっている!
というところです。

パリのジャックマールアンドレ美術館の説明には

近年のマルシャルの写真コレクションの研究によって、兄であるギュスターブの作品のパリの眺め、セーリング、庭と川岸といった主題の中に描かれた意識の壮大さが明かされているということが分かってきました。この発見によって当美術館は「マルシャルの写真とギュスターヴの作品を直接比べてみる」という今まで他の美術館がなしえなかったことをすることができました。

とあったのですが、
実際のパリの展覧会の中では、具体的にこの作品とこの写真のここがこのように!!!みたいな比較はされていなかったのはちょっと残念に思っていたので、もしかしたらカナダでの展覧会は少し構成を変えてくるのかも知れませんね。

 + +

上に載せたサイトのキャプチャでは
左は男がバルコニーから身を乗り出している作品で
右はマルシャルがバルコニーから身を乗り出している写真です。

背中のところでうまく繋がっていますが、
カイユボットの作品の方のモデルはカイユボットの友人のモーリス=ブロールト。


他のものも全く同じように写真をそのまま描いたものではありませんが、
マルシャルの写真がカイユボットに影響を大いに与えたとはいえそうですね。

また逆にカイユボットの描いた作品にマルシャルが影響を受けたこともあったのかも?

今度作品の年代と、写真の年代を比較してみようっと。




カイユボット展に行ってきました(8)|戦利品と今後の巡回先

こちらが戦利品でーす。

goods.jpg


■図録 39ユーロ
今ならパリの大きな本屋で取扱いがあると思います。
後フランスアマゾンやイギリスアマゾンなどでも買えます。
(フランス語のみ)

■薄い図録(青いヤツ)9ユーロ
フランスアマゾンで取扱いがあります。
(フランス語のみ)

■DVD 25ユーロ
マルシャルの撮った写真がみられるDVDです。クラシック曲付。
こちらで詳細が確認いただけます。(日本への配送は不可かも・・・)
(フランス語のみ)

■マグネット 4ユーロ
今これは我が家の冷蔵庫に!




さて、以前にTwitterの方で書きましたがこの展覧会、次はカナダに巡回します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
カナダ・ケベック州ナショナルミュージアム
http://www.mnba.qc.ca/expo_caillebotte.aspx
(2011/10/6〜2012/1/8)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

カナダなら行けるという方は是非!!


パリの展覧会、英語での説明も一切ありませんでした。
同じフランス語圏ということでケベック州でも同様だと思います。

行かれる方は、英語の音声などで予習をしていくのがいいかもしれません。
公式サイトで無料配布しています。

それでは皆様、ボンボヤージュ!


—————————–
(1)チケット
(2)ジャックマール=アンドレ美術館について
(3)《遠近法で描かれたパリ》
(4)《カイユボットのプライベート》
(5)《庭での楽しみ》
(6)《近代風景》
(7)《水路》
(8)戦利品と今後の巡回先
—————————–

カイユボット展に行ってきました(7)|《水路》

room7.jpg

《水路》


「釣り」「水浴者、イエールのほとり」「イエール川のカヌー」の
イエール川三部作は興味深かったです。
この三作品、微妙にサイズは違うのですが、並べてみるとほとんど同じ大きさ。
釣りをする、泳ぐ、カヌーをこぐといった川での楽しみがそれぞれに描かれているのです。
カイユボットがいかに多くの時間をこの川で過ごしたかが分かるようです。


「セーヌ川に停泊中の船」

そしてこのコーナーでの一番の収穫は今までカイユボット作品の中でも特にとりたてて興味があるわけではなかったヨットの絵が実はおもしろいんじゃないか?というところ。

カイユボットは後期になるとヨットのある風景をたくさん描いているのですが、
ほとんど白黒しか見たことがない、自分自身ヨットになじみが薄いということもあってあまり興味がなく「あー、まー、好きだったんだね」程度にしか思っていませんでした。

しかし今回の展覧会で割と大きめの作品を目の前に見てみると
当然水の色がカラーなことと
あれ、ここにも遠近法や幾何学が・・・・!

カイユボットはずっと遠近法の構図に興味があったんですね。


後期の作品を見直すいい作品に出会った気がします。
あー、いってよかった。しみじみ。


このコーナーに展示されたカイユボット作品

セーヌ水路の小船


アルジャントゥイユ、セーヌの航路


アルジャントゥイユのヨット


セーヌ川に停泊中の船


プティ=ジャンヌヴィリエの土手とセーヌ川


釣り


水浴者、イエールのほとり


イエール川のカヌー


シルクハットのボートこぎ


アルジャントゥイユに続くセーヌ支流、陽光



—————————–
(1)チケット
(2)ジャックマール=アンドレ美術館について
(3)《遠近法で描かれたパリ》
(4)《カイユボットのプライベート》
(5)《庭での楽しみ》
(6)《近代風景》
(7)《水路》
(8)戦利品と今後の巡回先
—————————–

カイユボット展に行ってきました(6)|《近代風景》



《近代風景》
また「行った」話で恐縮なんですが、
わたくしヨーロッパ橋にもアルジャントゥイユにも行きましたからね!


って・・・なんだかこの頃になってくるとカイユボットの作品を見に来たのか
カイユボットの描いた場所に行ったことのあることを思い出しに来ているのか
よく分からなくなってきます(笑)



「ヨーロッパ橋(習作) 」


習作ではない「ヨーロッパ橋」の本物はまだ見たことがないので
死ぬまでに見てみたいですねぇ。

この習作までは「ヨーロッパ橋」には描かれている犬がいないのがわかりますでしょうか?
男女の位置も微妙に違いますね。



このコーナーに展示されたカイユボット作品

線路のある景色


ヨーロッパ橋(習作)


ヨーロッパ橋(習作・部分)


アルジャントゥイユの工場



—————————–
(1)チケット
(2)ジャックマール=アンドレ美術館について
(3)《遠近法で描かれたパリ》
(4)《カイユボットのプライベート》
(5)《庭での楽しみ》
(6)《近代風景》
(7)《水路》
(8)戦利品と今後の巡回先
—————————–

カイユボット展に行ってきました(5)|《庭での楽しみ》

room5.jpg

《庭での楽しみ》

「マーガレット」

カラーを知らなかった作品を実際に
カラーで見ることが出来たというのは本当にすてき。

今まで白黒でしか見たことの無かった「マーガレット」は
私、カイユボットはちょっと適当に描いたんだと思ってました(失礼)。
でも実際にみたマーガレットは
深いグリーンの中に白い花が点在していてとってもかわいかったです。
(今度カラーに差し替えますね。)


「ひまわり、プティ=ジャンヌヴィリエの庭」

「ひまわり、プティ=ジャンヌヴィリエの庭」も黄色と緑のコントラストがビビッドな作品でした。




そして「ラン」「ラン(カトレヤとアンスリウム)」「カトレヤとアンスリウム」「白いラン」をまとめて見ることが出来たのもいい経験。
これらの4作品はカイユボットが自分の家のダイニングルームのドアのための装飾扉として使われていました。
当時画家の間で流行っていたとどこかで読んだ覚えがあります。
花が好きだったんですねぇ。うんうん。

「イエールの庭」

実はこの前日にイエールに足を運んでいたので、
この絵の中に描かれている場所に立って息をしたり、
お茶したりしたのかと思うと
本当に今でもテンションの上がる気持ちです!!!

「イエールの庭」に描かれているこの茶色の建物。
今はレストランになっていてこの左横のスペースで私、お茶したの!!!!ひゃほー。




このコーナーに展示されたカイユボット作品

田舎の肖像



バラ園、プティ=ジャンヌヴィリエの庭



イエールの庭



プティジャンヌヴィリエの庭の並木道



イエールの菜園



プティ=ジャンヌヴィリエの菜園



ひまわり、プティ=ジャンヌヴィリエの庭



白い菊、黄色の菊



マーガレット



金蓮花



ラン(カトレヤとアンスリウム)



カトレヤとアンスリウム



白いラン



カトレヤと赤い花咲く植物



—————————–
(1)チケット
(2)ジャックマール=アンドレ美術館について
(3)《遠近法で描かれたパリ》
(4)《カイユボットのプライベート》
(5)《庭での楽しみ》
(6)《近代風景》
(7)《水路》
(8)戦利品と今後の巡回先
—————————–


© Caillebotte.net All rights reserved