カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

マネ|競馬

2007-09-18
Category Category Category Category Category Category

2種類のサイン

カイユボットの作品にサインがありますが、
そのほとんどはカイユボット自身の手によるものではないそうです。
カイユボットは生前意図的に自分の作品にはあまりサインをしていませんでした。

今作品にあるサインには大きく分けて2種類あります。

ひとつはサイン(Signature)
カイユボットの死の翌日、弟のマルシャルとルノワールがサインをしました。


もうひとつは印(Griff/Stamp)
G. Caillebotteという青色の刻印で、マルシャルやその子孫によって押されました。

もちろんカイユボット自身がサインしたものもありますよ。

パリで来年3月から夏までカイユボットと写真展をやるそうですよ!!

パリにあるジャックマールアンドレ美術館で「カイユボット兄弟のプライベートな世界」という展覧会が2011/3/25〜7/11まで開催されるそうです。

またまたフランスからニュースをいただきました!
Je vous remercie!

ちょっと慌てて訳してみました!



より詳しくはこちらから
英語フランス語(注意・音が出ます)


———————————————
「カイユボット兄弟のプライベートな世界」

2011/3/25〜7/11、ジャックマールアンドレ美術館では 画家であり写真家であった「カイユボット兄弟のプライベートな世界」を開催します。
印象派と写真の遭遇であるこの展覧会はカイユボット兄弟のの芸術とプライベートの世界を連想させるでしょう。

ギュスターヴ=カイユボットの画家としての才能に対する評判や印象派の友人たちのパトロンとしての役割に対する評判はすっかり認められています。ギュスターヴは弟マルシャルととても親しくしていました。しかし作曲家でありピアニストであり写真家でもあったマルシャル自身のことは比較的知られていません。

しかしながら、近年のマルシャルの写真コレクションの研究によって、兄であるギュスターブの作品のパリの眺め、セーリング、庭と川岸といった主題の中に描かれた意識の壮大さが明かされているということが分かってきました。この発見によって当美術館は「マルシャルの写真とギュスターヴの作品を直接比べてみる」という今まで他の美術館がなしえなかったことをすることができました。

コレクションを特別に貸してくださったことに感謝しています。
展覧会では初めに35点の絵画と150点近くの写真を並べてカイユボット兄弟に内在する類似性を明らかにします。それらの写真はマルシャルによって撮影されたオリジナルの写真です。いくつかの絵画作品は個人蔵の作品であり、今まで公に公開されたことがなかった作品です。
———————————————

このあとは生い立ちの説明とかでした。

すごいですよ!すごい!これフランスに行きたいかも!ひょっとしたら行くかも!!!
あーでもどうなの35点ってフランスに飛ぶレベル?大丈夫?迷うし。

ひゃーーー。


© Caillebotte.net All rights reserved