カイユボット.net
ブログ

最新の記事

ランダム表示

Category Category Category Category Category Category

「この作品についてつぶやく」ボタンつけました

「カイユボット作品の個別ページ」に「この作品についてつぶやくボタン」をつけました〜。




Twitterにログインをした後、ボタンをクリックしていただくと、
その作品のタイトル(日本語、仏語)とサイトURLが入ります。
「この作品が好きでーす」とかお気軽につぶやいていただけたらな、と思います^▽^♪

ついでにこのブログにもボタンをつけました。
こちらもお気軽にツイートくださいませ。
↓(需要があるのか無いのかアレですが、1年以内に一回くらいどなたか使って下さったら嬉しいです)

ゴッホ展のカイユボット作品(ゴッホ美術館所有)

現在開催中の、「没後120年 ゴッホ展-こうして私はゴッホになった-」にカイユボットの作品も一点展示されているそうです(^o^)ノ
(情報ありがとうございますmm)


展示されている作品は、これ!

バルコニーを通してみた眺め」です。

1880年に描かれた作品で、カイユボットが当時住んでいたパリのアパルトマンから オスマン大通りをバルコニーの鉄柵を通してみたというおもしろい作品です。

この作品を所有しているオランダのゴッホ美術館のサイトにこの作品についての解説があったので訳してみました。ページはこちらから >>

screenshot_08.jpgギュスターヴ・カイユボットはこの作品の中でバルコニーの装飾的にカーブした鉄柵を通してパリのオスマン大通りを描いています。
この視点からの描写は非常に独創的です。
鉄柵に焦点を当てる一方、通り過ぎる馬車や看板のある広告柱は背景のもやっとしたシミにすぎません。
色調はあまりなく、黒色が沢山の灰色の陰影と対照をなしています。
カイユボットは間違いなく浮世絵にインスパイアされてこの作品を描いたのでしょう(浮世絵はよく意外な視点とトリミングで描かれています)。
同時代のドガやゴッホのように、カイユボットは日本の驚くべき構図に魅せられて、その特有の視覚要素を作品に取り込みました。

*この作品はバンクギロ基金、バーンハード王子基金によるレンブラントアソシエーション、VSB財団、モンドリアン財団、およびヴィンセント・ヴァン・ゴッホ財団の資金援助によって購入されました。




ゴッホ美術館のサイトを見ると、ちゃんといついつまで日本で展示されています、という情報が書いてあるんですよ。
世界中からそこにある作品目当てでやってくる人がいるわけですから、そういう情報って大事ですよねー。

そんなゴッホ美術館からやってきたカイユボットの作品、
東京の後は二都市を巡回予定だそうなので、お近くの方は是非足を運んでみて下さーい。

————————————————–
東京 2010年10月1日〜12月20日 国立新美術館
福岡 2011年1月1日〜2月13日 九州国立博物館
名古屋 2011年2月22日〜4月10日 名古屋市美術館
————————————————–

カイユボットの従妹の孫

フランスの方から「カイユボットのこと、ニュースになってたけど知ってる?」と情報をいただきました。
ななな何と心の優しい方なんでしょう!Merci, Bien!

その方の情報と、情報に書いてあった「ouest-france(西仏新聞)」の情報などを元に話を総合(と想像)すると

Caillebotte et Bayeux : une histoire de famille - Bayeux
(カイユボットとバイユー:バイユーの家族の歴史)



写真右側の女性Dominique Bussillet(ドメニク・ビジエ)が2010年3月に本を出したそうです。
タイトルは[Maupassant et l’univers de Caillebotte(モーパッサンとカイユボットの世界)]。
その関係で、カイユボットの子孫と対面したというニュースなんだと思います。

————————————

左の男性がそのカイユボットの子孫、 François Chaplain(フランソワ・シャプラン)氏。
カイユボットの従妹のゾエのお孫さんでフランス北西部のバイユーに住んでいるそうです。

カイユボットはゾエがバイユーの男性と結婚をした時に、自身の作品を三枚プレゼントしたのだそうです。

一枚目は「田舎の肖像」、現在バイユーの美術館が所有しています。


二枚目はフランソワさんの兄弟が所有していたそうですが1997年に売却。

もう一枚がこのフランソワさんが所有している「アルジャントゥイユの風景」、写真の背景に映っている作品です。


「田舎の肖像」に描かれている4人の女性は、ゾエの娘のスザンヌが「田舎の肖像」のポストカードに残したメモによって判明しています。

————————————

うーん、カイユボットの子孫か!

カイユボットとモーパッサンはボート仲間でした。
ドメニクさんの本には二人の交友とか二人の作品の共通点なんかが書かれているのでしょうか??

売却されたのはどの作品なんでしょうか。
願わくばゾエちゃんが描かれた作品だったらいいなと思いますけど!


© Caillebotte.net All rights reserved